Articles

金武探鳥 #1

 
タカブシギ 

南部探鳥の翌週はシギチの有名なスポット、中部にある金武の田畑へ行きました。

南部での探鳥が不調だったのであまり期待出来ないのですが、何かしら出会いがあるかもしれないと希望をもって出かけましたよ。

到着してお迎えしてくれたのは水路で採餌中のタカブシギさん。定番の子です。


鳥が少ないぞ

 
ヒバリシギ #1 

20161207-1

今冬もイマイチの予感がしている冬鳥たち。

昨年は冬鳥不作の年だったので今冬に期待していたのですが、どうにも数が増えません。事務所から15分程度でいけるシギチが沢山くる海岸へ行ってみたのに閑古鳥の有り様。


ヒバリシギ

 
ヒバリシギ #1 

20161130-1

水路が大好きなヒバリシギたち。

その中にフラグを2個取り付けられた子がいました。文字まではチェックしていませんが、毎年見かけている子だと思います。


いつものシギチたち

 
タカブシギ 

20161113-1

シギチを見に、いつもの田んぼへGO!

事務所から車で 15分程度の近場ですが、なんでここだけに集まるんだろうと思うほど普通の田んぼです。50m四方の広さですが、多い時で 50羽近く(複数種)見る事ができる場所。


ヒバリシギ

 
ヒバリシギ #1 

20160903-1

定番のヒバリシギさんもご来沖です。

ヒバリシギはとても小さなシギで、大きさはスズメぐらい。こんな小さな体なのにシベリアから東南アジア、遠くはオーストラリアまで渡るんですよ。


サプライズは無し

 
ヒバリシギ 

20160103-1

年末のある日、家から 5分程度で行ける干潟へ野鳥のチェックをしに行きました。

少しばかり期待していくのですが、予想通りというか、予定通り相変わらずの閑古鳥状態。今期はサプライズとは無縁の様です。

この子は私が大嫌いな足輪をさせられています。かわいそうに。恐らくは近年、毎年ここで見ている個体だと思う。外してあげたいなぁ~