似たものシギ三種

 
似たものシギ三種

20141114-1

シギチは似た様な種が多く、識別点を知らないと「君は誰?」状態になります(笑)

今でこそぱっと見で識別できますが、ビギナーの頃は頭をひねったものでした。
ということで、シギチを撮り始めた頃に「君は誰?」となった三種を紹介してみますね。
順に ヒバリシギ、トウネン、オジロトウネン でほぼ同じ大きさです。

ヒバリシギ

20141114-2

三種のうち当地で最も良く見かけるのがこのヒバリシギ。
まずはヒバリシギを覚えると後の 2種の識別が簡単になる感じ。

トウネン

20141114-3

ヒバリシギほど見かけませんが、会うのは難しく無い種です。
ヒバリシギとは雰囲気が違うのが分かりますかね。

オジロトウネン

20141114-4

これがオジロトウネン。
ほら、雰囲気が全然違うでしょ? 違いが分からない?
それでは 3種を並べてみますよ。

似たものシギ三種

20141114-5

左から ヒバリシギ、トウネン、オジロトウネン です。
この中で唯一脚が黒いのがトウネン。脚が黄色で全体にグレーなのがオジロトウネン。
並べてみると簡単に識別できますが、単独でみるとビギナーの頃は見分けがつかないのであります(笑)



  1. やすたろ~

    私とteltelさん、シギはシギとわかるのがせいいっぱい。
    スズメの識別も危うい状態鳥はだけど、みなかわいい。
    ん~。成長できておりません。。。
    (teltelさん、ごめんなさい^^;)

    1. delphian

      やすたろ~さん、こんにちは。

      うははw シギはシギ、その通りですね。
      もう見た目から山野の野鳥とは違いますので(笑)

  2. iMovie

    おはようございます。
    羽の模様が同じように見えるので、これは難易度が高いなぁ~
    3種並べて、ようやく、違いに気づく程度です。
    この子達だけだと、「君は誰?」になります。
    どの子も可愛いなぁ~

    1. delphian

      iMovieさん、こんにちは。

      羽の模様は 夏羽・冬羽・幼鳥 で変わって来ますので、それだけではまず判断できませんね(笑)
      顔つきとかクチバシの雰囲気とか、そういうのが識別のポイントだったりします。

  3. teltel

    やすたろ~さん、怒りませんよ(^^;
    私、シギがシギとわかるかどうかも不明です。
    まだ1度も見たことないんですもん。
    3種、並べたら何となくわかるかな?って感じですが
    単独で見たら全く識別できませんね。

    1. delphian

      teltelさん、こんにちは。

      シギはスズメなどとはまるで違う雰囲気なので、見かけたらすぐに分かりますよ。
      宮崎にも沢山いるのは確実なので、今冬は探し出して下さいな。
      ポイントさえ分かればワンサカ撮れますよ(笑)

  4. bluem

    おはようございます(^^
    こういう記事も良いですね!
    細かな識別ポイントは勿論憶えなきゃないですが、慣れてくると
    パッと見の雰囲気で掴めるようになるんですよね。
    そのためには写真を撮る事も重要ですが、よ~く自分の目で
    観察する事も大事なんですよね。
    ファインダーからだと、どうしても実際よりも大きく認識してしまうので(^^
    コオバシギがそうでしたもんw

    1. delphian

      bluemさん、こんにちは。

      シギチのビギナーには嬉しい記事になりますかね(笑)
      この三種はマジで悩みましたからねぇ~
      今ではぱっと見で判断できるほど違うのに、なんで迷ったんだろうと思うぐらいです(笑)

  5. ask-evo

    あのですね、今日のjerryさんとこも区別つかないんですがw

    1. delphian

      うははw 全然違うのに~(笑)
      見慣れないと無理でしょうね。私もそうでしたし。