マクロのついでに野鳥

 
イソヒヨドリ 

正確に書くと「マクロ撮影をしていたら野鳥に遭遇したので撮った」です。

マクロ撮影をすると決めて出たので、レンズは DFA100mm の 1本だけ。なので、これで撮るしかないのです。

キンクロハジロ

マクロレンズは性能がよいので、大幅なトリミングに耐えられる。かなりトリミングしたけど、破綻してないよね。



  1. bluem

    おはようございます。
    一枚目の構図が良いですね!
    緑の色合い、石とイソヒヨ君の位置などとても良いと思います♪
    マクロレンズは雪が降るとまったく持ち出さなくなるので、もっと使ってあげなきゃと思った本日の記事でした(笑)

    1. delphian

      久しぶりにイソヒヨくんを撮影しましたよ。
      影に飛んで来たので鮮やかさに欠けていたのですが、現像でなんとかしました。
      今冬は鳥が少ないのでマクロを楽しんでおりまする。

  2. ask-evo

    100mmのレンジはK-1につけても自分には長いのですが、せっかくのFF対応レンズですし、もっと使ってあげねばいけませんね^^;

    もともと中望遠でボケも綺麗で、FFだと周辺減光が出ることがあって、場面によって味が出るんですよね。
    今FA77を修理に出していて、戻ってきたら中望遠域はまた出番を奪われてしまうので、それまで意識して持ち出してあげようと思いますw

    焦点距離が近いとどうしても広角側を使ってしまうんですよね^^;
    自分の慣れと、画素数の高い最近のカメラなら、トリミングで望遠カバーできるので^^;

    1. delphian

      FF機にで100mmが長いとは、どんだけ広角好きなんだ(笑
      あたしゃAPS-C機につけてももっと長いのが欲しいのに。
      200mmマクロが欲しいなぁ

  3. jerry

    こんばんは
    短いレンズ付けている時に限って。。。
    というのも野鳥あるあるでしょうか(笑)

    トリミングとはいえ、やっぱり沖縄のイソヒヨ君はフレンドリーっすね

    1. delphian

      こちらのイソヒヨたちはあまり人を怖がりませんね。
      5mとか普通に寄れるし。
      もう手にのってくれてもいいじゃないか(笑