防水処理

柄と刃の隙間 

前回購入した包丁同様、これにも防水処理を施します。

処理するのは柄と刃の接合部です。ここから水が侵入して間違いなく錆びるので、ここをパテ埋めしてしまいます。

パテ埋め

とりあえず盛って硬化待ちの図。

硬化したらカッターやヤスリを使って見栄えを良くしようと思います。硬化するまで 1時間。早く砥ぎたいぜ!