ラック完成

モニター&HDDラック 

モニター&HDDラックをこんな風に作りました。

下段のスペースには DELLのサーバーが 2台入ります。HDD 4本をハブに繋ぎ、ACアダプターをまとめたので、このラックからは USBケーブル 1本と電源ケーブルが 1本が出てきます。

これでカオスだったケーブル類がスッキリしました。1320円で整理できたので満足しております。


モニター&HDDラック

ジョイント・ラック 

重ねて置いてあるサーバー2台の上に置いてあるモニター。

そこには外付けHDDを置きたいので、モニターを置くラックを作ることにしました。ダイソーで見つけたジョイント・ラックを利用します。写真に写っているもので合計 1320円なり。

2段にして上段にモニター、下段に外付けHDDを 5台設置する予定です。配線もまとめてラック内に納めるつもりなので、結構スッキリする予定。


仕事環境が整った

モニター 3個は必須 

OSや開発ソフトの設定などが終わり、ようやく作業環境が整いました。

モニターの入れ替え等もあり、かなり快適になりました。コードがより広く見ることができるので、コーディング作業がとても快適になりました。

情報表示用の右モニターもワイド 19インチへ交換したので、資料や仕様書を広げておくこともできるようになりました。大きなモニターと複数モニターは正義です。


バックアップ用HDD-15TB

4TB + 4TB + 2TB + 2TB +(3TB) 

合計 12TBの外付け HDD(+外してある 3TB)。

データのバックアップ用なのですが、これをメインPCから切り離して先日サルベージした DELLの 1台へ接続し、ファイルサーバーにしようかと考えています。

メインPCのストレージは SSD(3) + HDD(2) の合計が約 10TBなので、バックアップ用ストレージは余裕があり、全データのバックアップと起動ドライブのリカバリ用データを 3世代以上保管してもまだまだ余裕。

それにしてもストレージの大容量化には驚くばかり。20年前とは隔世の感です。


4Kモニターすごい!

4K動画を視聴 

4Kモニターで 4K動画を見てみました。

いや、凄いですね。野鳥のシーンなど羽毛まできっちり見えていました。左は FHDモニターで、同時に見て比較していました。明らかに細かさが違う。すげー!

だいぶ前に HD動画を見て DVDを超えてる!凄い! と思ったものでしたが、その後 FHDときて「凄い!」、今は 4Kを見て「凄い!」となっています。

4Kモニター買って良かったわ


またもやジャンク

Lenobo 22インチ FHDモニター 

メインPCに仮想環境が作れず、困ってジャンクPCへ手を出した昨今。

きっちり手を入れればジャンクでも動作するので、ハードオフにてサーバー用モニターもサルベージしました。Lenobo 22インチ FHD(1920×1080)モニターです。

画面に傷があり、ちょっと暗いということでクリーニングすらされておらずジャンク品として 1100円で販売されていました。設定時にしか使わないサーバー用且つ入力が 2系統あるので迷わずサルベージ。いや、これで十分です。

手持ちの余っていたパーツを組み込んだりして Core i3-4150, システム領域 SSD + データ領域 HDD, メモリー 8GBのサーバーが 2台 + モニター 1台が 9,900円で手に入ったわけです。

ハードオフのジャンク最高!