さすがの切れ

まずは研ぐ 

包丁(ナイフ)を買ったらまずは砥ぐ。

メーカー出荷時の状態が一番切れると思う方もおられますが、全く違います。殆どがグラインダーを使った機械砥ぎなので、本来の切れは封印されています。

その縛りを解き放って包丁やナイフの性能を引き出すには丁寧に研ぎ上げることですね。

まずは小刃のみ

ハガネの切れ味を楽しむため、まずは小刃のみ研いで仕上げました。試し切りしてみると極上の切れ味が感じられましたよ。安価な土佐打刃物ですが、ハガネの切れを堪能できますね。素晴らしい!

ちなみに、平部分についている擦り傷は私がつけたものではありません。届いた時点でこうなっていました。近いうちにこの黒打ち部分は磨けあげてしまう予定なので、交換は考えませんでした。