Articles

何はなくともサギ

 
コサギ #1 

20160214-1

鳥が少なきゃサギも撮るさ。

遠征して何も撮らなかったというのでは話にならないので、普段はスルーするサギたちも被写体になります。


サギとトラクター

 
サギとトラクター #1 

20160202-1

日曜日は久しぶりに晴れたので、いつもの畑地帯へ探鳥に行きました。

今期は冬鳥が少なくて足が遠のいていたのですが、もしかしたらという期待もあるので行ってみたのです。しかし期待は見事に裏切られました。異常とも思えるほど鳥が少なかったですね。


婚姻色までもう少し

 
婚姻色までもう少し

20150419-1

毎年楽しみにしているサギたちの婚姻色。

その中でもアマサギの婚姻色が好きで、今年もそれが見られる時期になりましたが、まだまだ色づいてはいませんでした。ちなみにアマサギの婚姻色はこんな感じです。


晴れると良い色SP500

 
晴れると良い色SP500

20150117-1

コントラストが低いレフレックスレンズも晴れの日だとこの通り。

なぜかブルーが強調されるので、青空が広がっているとこの様な画が大量生産できます。
このブルーは魅力的ですよ。
扉の野鳥はダイシャクシギ。ここで越冬しております。


ムネアカタヒバリ到着

 
ムネアカタヒバリ到着

20141030-1

2週間前に撮影したものですが、とりあえず記事にしておきます。

ブログには検索機能があるので、撮影記録を載せておくと何かと役に立つのであります。
旧ブログのアーカイブ化でも書きましたが、「記事は日記や自分史であり、大切な資料」なんですなぁ


さすがサギ

 
さすがサギ

20140919-1

昨日に続き、サギのネタを(笑)

いつものごとく探鳥しているとアマサギたちが集まっているこの様な光景に出会いました。
その中の一羽のアマサギが白い物を覗き込んでいます。レジ袋でも落ちているのかな?
シラサギたちは白い物があると仲間だと思って集まるそうなので、そうだと思ったのですが…