名倉砥石の加工

純三河白名倉 

さっそく名倉砥石を使ってみたのですが、予想通り貼り付きます。

どちらも平面なので、水の膜が接着剤の様な働きをしてピタッとくっつけてしまうのですね。高価なのでやりたくなかったのですが、排水用の溝を掘ることにしました。

直線の異層

砥面には少しだけ異質の層があるので、それを取り除く様に溝を切ってしまいましょう。

格子状に溝掘り

排水効率を高くするため格子状に掘りました。

ダイヤモンドヤスリで丁寧に処理するつもりでしたが、ヤスリの側面には砥粒が無いことがわかり、結局はハンドルーターの切断砥石で処理しました。

固定せずにフリーハンドで作業したため、ブサイクな仕上がりになりましたね(笑