接着し直し

 
やり直し 

砥石と木の台をグルーガンで接着したら取れてしまった。

木材や石とは抜群の相性なのに、水に浸したら砥石側から剥がれてしまいました。再利用を考えて剥がしやすいグルーガンで処理したのですが失敗しましたね。

ボンドG17で圧着中

ということで、ボンドG17で接着し直しです。

砥石と木材を接着するのに必要な要件は固まっても柔軟性があるということ。木は水分を含むと膨張するし、経年変化で変形する場合があるため、下手をすると砥石が割れる可能性があるのです。グルーガンで接着したのはそれも考慮してのことでした。

ボンドG17はゴム系の接着剤で、硬化しても柔軟性は失われません。水に強く、木や紙、陶器などは抜群の接着力を発揮するので、今回はこれでいきます。

今度こそ大丈夫かな。



  1. やすたろ~

    ほー、グルーガンは剥がれましたか。水がまわると接着部が弱くなるということですかね。
    で、なるほど、ゴム系接着なら水にも強そうだし、クッションにもなりよいかもしれませんね。

    圧着の道具はよさげなものですね。これはまさかにダイソー製品ではないでしょ?

    1. delphian

      グルーガン、水に強い印象があったんですけどね。意外でした。
      道具(バイス)ですが、もちろんダイソーですよ(笑
      アマゾンで300円ぐらいで売っているものと同じでしたね。