GPMのロッカー機能

 
お写んぽ 

Google Play Music にあるロッカー機能。

手持ちの音楽を 5万曲までアップロードし、手持ちの端末や PC でストリーミング再生できる機能です。これがあるから GPM を使っています。

以前 GPM へアップロードしたら GPM が配信している楽曲は GPM のファイルへ置き換わる(実際にはファイルへのリンク)とどこかで見かけました。

確かに、世界中のユーザーが同じ曲をアップロードした場合、貴重なストレージを食いつぶして無駄なのは間違いないので、仕組みとしては考えられます。でもホントかな?とも思っていました。

320kbps

本当かもしれないと思ったのはこの画面を見たときです。私の手元にある MP3は 128kbps か 192kbps の 2種しかありませんが、アップロードした曲の情報は 320kbps と最高音質に設定されていました。

128kbps

GPM が配信していないサザンオールスターズはアップロードした時のままの 128kbps です。他の楽曲もいくつか調べてみましたが、アップロードした曲が Play Store にもある曲は 320kbps となっていました。無い曲はもちろん 128kbps と 192kbps です。

むむむーー、これは本当らしい。

ということは HDD が大容量ではなかった頃にリッピングした 128kbps の曲をアップロードしてダウンロードすると高音質の曲になって戻って来るという事か。

[追記]
128kbps のファイルは 128kbps で戻って来るようです。どうやらアップロード時のビットレートを覚えており、ダウンレートして送り返す様ですね。ちっ



  1. jerry

    以前アップロードした松田聖子の曲がいつの間にか別人のボーカルになっていたことがあり、それでUPした曲がそのまま残るわけじゃないんだな~と思いました。
    あの曲、どうなったかな~

    1. delphian

      うははw それは酷すぎますねw
      松田聖子って他にもいたのかなぁ(笑