それでもいつもの子たち

 
チュウシャクシギとムナグロ 

20151113-1

A干潟で見かけた他の種をいくつか。

目視では鳥たちの姿が見えないので双眼鏡を使って端からジックリとチェックしていったところ、100m程離れた岩場で20羽ぐらいがたむろしていました。この子たちはチュウシャクシギとムナグロですね。このチュウシャクシギは恐らく毎年来ている子です。毎年必ず 1羽は確認できるので、まず間違いないでしょうね。

キジバト

20151113-2

オヤビンでおなじみのキジバトもここで休んでいました。ジッとしていて思慮深そうでしたよ。たぶん何も考えていないと思いますが(笑)



  1. bluem

    おはようございます(^^
    思慮深そうで何も考えてないって(笑)
    崇高な境地なような気もします。
    ここの所、そういえばSP500を使っていなかったです。
    SP500よりもFA77の方の出番が多い11月でありました(^^

    1. delphian

      わははw 思慮深そうに見えて何も考えていないと思います(笑)
      様子見には軽くて楽に持ち運べる SP500だけで行く事が多いですね。
      晴れ限定ですが。

  2. iMovie

    こんにちは
    干潟にも鳩いるんですね。
    ハハハ、思慮深そうで何も考えてないって…
    ウケましたよ~
    ナイス兄貴さんのブログ、DNSエラーで開かなくて、ようやくコメできました。

    1. delphian

      ありゃ? こちらは何ともなかったのですがエラーでしたか。
      ぷららのDNSは問題無い様でした。

  3. jerry

    こんばんは
    100m先とは随分遠くですが、よく写っていますね!
    そしてオヤビン(笑)
    こんなとこにいるとは!

    1. delphian

      いや、等倍で見ると良く写っているとはいえず(笑)
      この干潟のオヤビン、時々シギチに混ざったりします。
      変な子です(笑)