切り刃に難あり

切っ先付近に注目 

昨日記事にした包丁を早速研いだのですが…

仕上げまで終わってからまじまじと見てみると、切っ先から 7mmほどのところが変です。ここだけ砥石が当たっていません。グラインダーを当てすぎて大きく削ってしまったんでしょうか。試し切りをしてみると、この部分だけ切れませんね。

ということで、#120の荒砥を使って修正します。

切り刃を「刃の黒幕 #120」で修正

刃の曲率をあまり変えずに削るよう、気を使いながら修正していきました。

それにしても刃の黒幕の #120はいいですね。他社の #120を使っていましたが、砥粒の剥がれが少なくて平に傷が付きづらいです。

研ぎ上がり

#12000まで使って仕上げたのがこの状態です。切り刃の途中にまだ砥石が当たらない場所がありますが、何度か研いでいるうちにそこも削れるようになるでしょう。

刃先から 5mm幅ぐらいのピカピカのところがハガネで、それ以外は軟鉄です。刃紋の様でかっこいいですね。