Articles

意外な場所にて

 
クロハラアジサシとセイタカシギ #1 

20151015-1

先入観にとらわれてはいけないのであります。

数年野鳥を撮影し観察をしており、辺りの雰囲気でここは野鳥が来そうだとか、ここはまずいないだろうなとか大体分かってきました。いや、分かっているつもりになっていました(笑)


クロハラアジサシ

 
クロハラアジサシ #1 

20151005-1

昨日も近場の田んぼへいってきました。

カモたちの第一陣はこの時期じゃなかったかな? と思ったのですが、まだでしたね。そのかわりセイタカシギたちで溢れておりました。パッと見 50羽ぐらいはいたんじゃないかなぁ~ 以前30羽ぐらい来ていて過去最高記録と書いたのですが、また増えていた(笑)

そして昨年までは見かけなかった種が 2種いましたね。そのうちの一種が扉画のクロハラアジサシです。


今期よく見る子

 
今期よく見る子

20141115-1

今期はこのクロハラアジサシが沢山渡って来ているんじゃなかろうか。

いつもの畑ゾーンへ行くとあっちこっちで飛んでおり、少なくとも 100羽以上はいそう。
これまでは多くても 20羽程度の群れしか見た事が無いので、かなり驚きましたね。


すっかりメインレンズ@SP500

 
すっかりメインレンズ@SP500

20141024-1

最近の探鳥装備は DA★300 + SP500 となっています。

両レンズを肩に提げて歩き回っているのですが、使うのは SP500mmがほとんど。
ここ数ヶ月の使用比率は DA★300 10 : 90 SP500 という感じで、どっちがメインレンズなのか分からなくなってきました(笑)
描写力を求めれば DA★300を使う事になるのですが、500mmという圧倒的な引き寄せ効果が楽しくて、SP500を使っている感じでしょうかね。


SP500 de クロハラアジサシ

 
SP500 de クロハラアジサシ

20140930-1

今日も SP500の画で記事を綴ってみよう。

扉の野鳥はクロハラアジサシ。いつもの畑地帯へ行くとイモムシを狙って飛んでいました。
アジサシが飛ぶ姿は美しいですね。SP500で飛んでいる姿を沢山取りましたよ。
ツバメの飛翔は正面から向かってくるのを狙って撮りましたが、クロハラアジサシを正面から撮影するチャンスはありませんでした。
飛翔のコースが一定では無いので、狙えませんでしたね。


タマシギ

 
タマシギ

20140920-1

あまり出会えなかったタマシギですが、最近は頻繁に見ているのであります。

探しまくっていたときには見つけるまで時間がかかったのに、意識していないとヒョッコリ会えたりするんですなぁ
出会いはタイミングだと分かってはいますが、不思議なモノです。ミフウズラもそうだったし。

二羽いるのが分かりますか?