Articles

イソシギとコチドリ

 
イソシギ 

20160906-1

イソシギさん、ご到着。

ここはシギチを撮影している海岸のすぐ近くの田んぼ。道路を挟んだところにあります。50m四方ほどでそれほど広くはないのですが、なぜか沢山のシギチが観察できます。


いつものイソシギさん

 
イソシギ #1 

20151209-1

この時期になるとあちらこちらで見かけるイソシギさん。

珍しくもないので普段はチラッと見てスルーするのですが、シギチが少ないのでついついレンズを向けてしまいます。イソシギさんは単独でいることが多く、独りぼっちで寂しくないかな~ なんて思う事も。


いつもの子たち

 
ウズラシギとタカブシギ 

20151118-1

変わり映えのしないメンバーですが、来たからには撮っておきましょっ

中央にいるのがウズラシギさんで、右側の子はタカブシギさん。ここでは見慣れた子たちなので、野鳥を見つけた時の高揚感やドキドキは全くありません(笑)


土砂降りでも探鳥

 
イソシギ #1 

20150829-1

雨の日の野鳥天国(通称です)。

晴れないまでも雨は降るまいと思っていた空模様でしたが、現地に着いたら土砂降りになってしまった。時には視界がゼロになるほどで、探鳥どころではありませんでしたね(笑)


2週間前のシギチ

 
セイタカシギ

20150529-1

入梅したせいで撮影へ出かける事が少なくなっております。

なので今日貼った写真は 2週間前、入梅直前に撮影したシギチたちです。扉のセイタカシギですが、見かけた時にドキっとしましたよ。もしかしたらオーストラリアセイタカシギかもしれない!と思ったのは内緒です(笑)


ありゃ? まだいた!

 
ありゃ? まだいた!

20150428-1

先日の畑地帯では一羽も確認できなかったイソシギさん。

シギチ天国で見かけないという事は全員引き上げたのか? と思っていたら、地元の湿地帯で目撃。少なくなったけど、まだいるんだね。