研ぎ台の改良

シンクに渡した板 

9cm x 2cmの板を渡しただけの研ぎ台です。

手前側をお腹で押さえて固定し、砥石の固定は木とゴムの摩擦に任せているだけですが、この状態でもそこそこ快適です。

でも、もっと快適にしたい。

木片を接着

そこで改良です。ダイソーで売っている木片をグルーガンで上図の様に固定し、逆の面にはホルダーのストッパーを接着しました。

改造後

設置するとこんな感じ。

左側のストッパーで押す時の力をおさえています。手前側は 1.5cmほど高くしてあり、水や研汁は向こう側へ流れるようにしました。

手前が少し高くなってもと研ぎづらくはありませんね。むしろ研ぎやすくなりましたよ。