ハクの発情抑制

発情行動 

2歳 8ヶ月になるセキセイインコのハク。

写真に写っているフサフサが大好きで、以前からこれに発情行動をしていました。フサフサを止まり木に引っ掛けて腰をフリフリし、留め具のところへ吐き戻します。

1日に数回程度ならと思い放っておいたのですが、最近では 1時間に何度もやるのです。こうなると精巣肥大になるのが怖くなり、撤去することにしました。

ケージから撤去

撤去したフサフサの図。このフサフサした感触がメスの羽毛に感じられたんですかね。

鈴だらけ

撤去した後にはフサフサの次に好きな鈴を複数種取り付けました。

鈴にもお気に入りがあるため、しばらく様子を見て遊んでいない鈴は取り外そうと思っています。

フサフサを探し回るハク

放鳥時に取り外したので、帰ってきたらフサフサを探し回っていましたね。ごめんよぉ~

ちなみにセキセイインコのキキは個別のケージで飼っている時、ひょうたん型の青い鈴に発情していましたが、ハクと同居させた途端に発情行動が止まったのです。

今は軽く小突いたりサンドバックにしたりして遊び、発情なしのお気に入りのアイテムになっていますね。

ハクもキキも発情行動が止まり一安心です。