右手親指はハクの恋人

親指に猛アピール中 

だいぶ前にハクの発情行動を抑止しました。

ケージの中のフサフサに発情していたのでそれを撤去したのですが、しばらくするとその代わりを見つけてしまいました。

私の親指です。


やり遂げよった

 
削られたとまり木 

セキセイインコのキキがカジッていたとまり木がとうとう折れました。

数週間前からカジっていたのは分かっており、地道にコツコツとカジリ続けていたので、折れるのを楽しみにしていました(笑


ハクの受難

 
セキセイインコのハクさん 

うちで一番お利口さん(だと思う)のハク。

2週間前、マメルリハのまりちゃんからの攻撃でクチバシが損傷しました。ハクが泣き叫んでいるので振り返ると、まりちゃんにクチバシを噛まれたままぶら下がっていましたね。

もう驚いたのなんの。急いでケージを開けてハクを確保しましたよ。


完璧な「おいで」

 
マメルリハのまりちゃん 

クリッカートレーニングで色々なことができるようになったまりちゃん。

そのひとつに「おいで」がありますが、テーブルの上ではなく離れた位置からの指示でもやってくれるのかテストしました。


カバーを買わねば

 
換羽中のまりちゃん 

生後4ヶ月になったマメルリハのまりちゃん。

トリミングされていた羽が生え揃ってきて、行きたいところへ行けるようになりました。それは嬉しいことなのですが、反面困ったことも。

なぜか扇風機に興味津々で、扇風機の上に止まりたがるのです。足を滑らせると怖いので扇風機カバーを買わねばなのです。


セキセイ2羽+マメルリハ1羽

 
ハクとまりちゃん 

まりちゃんをお迎えする時に少し気がかりだったのはひとりぼっちだということ。

セキセイのハクとキキはいますが、鳥種が違うので仲良くできないかもしれないと思っていました。しかしセキセイたちは思っていたよりもお利口さんだったのです。

昼はハクがまりちゃんの周りをウロウロしてくれています。ハク、ありがとねー。