いつものビタミン剤

小鳥の知恵とカルビタバード 

インコたちのビタミン剤が切れそうなので、今回はちょっとだけまとめ買い。

ミックスシードだけではビタミン類が不足すると思うので、この 2種を飲料水に混ぜて与えています。不足分を補う程度なので、説明書に書いてある容量よりもかなり薄めて与えていますよ。


まりちゃんのストレス解消

 
毛引きがひどくなったまりちゃん 

毛引きがひどくなり、お腹と背中の羽が無い状態まで進行しています。

ストレスが原因なら、放鳥時にはまりちゃんが好きなことをさせてあげたい。ティッシュ破りが好きなので、毎日15分ぐらいこれをさせています。

ずっと外に出して私にくっついているのが最大のストレス解消になるのですが、そうもいかないのが辛いところです。これで少しでも毛引きが減ればいいのですが。


インコたちの体重コントロール

 
マメルリハのまりちゃん 

セキセイインコ 2羽の体重増が気になり、ごはんの量を細かくコントロールしています。

朝夕合わせて 19g(3羽分)だったのを 17gまで減らしたのですが、それでも重い体重をキープしています。そこで思い切って 15gまで減らしました。

昼は活発なので午前中に 10g与え、夕方は 5gにしてお腹が空いている状態を作ります。考えたら野生だと食事にありつけない場合も多いので、常に満腹になる状況よりもお腹が空いている状態を作る方が自然かもしれません。

朝夕合わせて 15g(1羽あたり 5g)を 2週間ほど続けてみて体重の推移を観察してみます。


キキの体重増

 
セキセイインコのキキ♂ 

ここ数週間でキキの体重が 1割以上増量しています。

これまでどの様な季節でもほぼ 33-34gぐらいを維持していたのですが、最近の数週間で 40gに迫る体重になってきました。歳のせいかな?

体重増なのはキキだけではなくハクも 42g前後と重くなっているので、エサの量を調整しました。現在は「朝 8.5g」「夕 8.5g」にしています。3羽で計 17g。1羽あたり 6g弱というところです。


超ツンデレ

 
マメルリハのまりちゃん 

放鳥すると酷いときには 1時間も私を噛み続けるマメルリハのまりちゃん。

噛むのは攻撃じゃないとわかってはいるのですが、あまりの痛さに放鳥が嫌になることもあります。しかし、時々こうして自ら手のひらに潜り込んでくるので、愛おしさが勝ってしまいます。

噛まれることを許容しないとマメルリハをお迎えすることはできませんので、インコ好きの方はご留意下さいな。


キキとまりちゃん

 
セキセイインコのキキ♂とマメルリハのまりちゃん♀ 

最近、この2羽の関係が面白い。

キキが種が同じハクよりも種が違うまりちゃんに寄り添うようになりました。眠るときにもまりちゃんの側にとまっています。種を超えた愛か?

仲良くしても繁殖は出来ないので安心していますが、ちょっとだけ仲間はずれになっているハクが可哀想に感じています。