パンツ好き

無理矢理にでも探します 

なんでこんな物が好きなのか。

Tシャツの裾から潜り込んでパンツを探します。探し当てたらゴムの部分をカミカミ。そしてプチプチと音がします。

たぶん、ゴムがプチプチ切れる感触が楽しいんでしょうね。まりちゃんの趣味に付き合ったおかげで、何枚もパンツがダメになりました。


かわいいけど・・・

マメルリハのまりちゃん 

マメルリハの特徴なのだと思うのですが、とにかく噛みます。

甘噛ならかわいいのですが、アゴの力が強くて、本人は甘噛のつもりでも人間には強烈な痛みです。セキセイ比10倍以上という痛さです。簡単に血が出ますよ。

この噛むのさえなければなぁ とも思ったりするのですが、潔く受け入れています。


3羽で17g

完食 

鳥たちのゴハンのこと。

ゴハンが足りているか、与えすぎていないかを毎朝の体重測定で判断しています。季節によって食べる量が違うし、可能な限り新鮮なシードを与えたいので、朝は残った餌を捨てて 9.5g用意し、夕方は 7.5g追加しています。

ボレー粉(カルシウム)も混ぜて与えていますが、三羽とも全く食べてくれません。なので飲水に液体カルシウムを混ぜて与えています。


眠いのです

眠たいまりちゃん 

インコたちには感情があって、表情も豊かなのです。

鳥たちのことをよくわからなかった頃、スズメが葉っぱを投げて遊んでいるのを目撃してとても驚いたことがありました。鳥たちにも遊ぶという行動があるという事を初めて知ったわけです。

インコたちと暮らすようになって、ますます鳥への理解が深まりましたね。


ラブリーな子たち

全員家族にしたい! 

我が家のインコたちのゴハンを買いに行ったときのこと。

見たら絶対に釘付けになるので、インコたちのところには寄るまいと誓って入店したのですが、我慢できずに近づいてしまった。

はぁ~~~ なんてラブリーなんでしょう。生後 1ヶ月ちょいというところでしょうか。パステルなブルーがとても可愛いです。


放鳥終了のタイミング

キキとハク 

現在セキセイ 2羽と マメルリハ 1羽の 3羽がいます。

毎朝放鳥をしているのですが、終了のタイミングは全てキキ(セキセイ)まかせです。

というのも、ハクとまりちゃんは手に乗ってくれるし、乗せたままケージに直行しても飛び立ったりしません。しかし、キキだけは違います。

基本的にキキはあまりくっついてくれず、手に乗せるのも触られるのも嫌います。なので、キキがケージに戻ったタイミングで全員をケージに帰すことになるのです。

短いときは 15分程度、長いと 2時間も帰ってくれないことが有り、用事がある時はちょっと困ったことになるのです。