バッテリーチェック

 
まだまだ夏 

複数あるスマホのバッテリー管理。

Battery Report というアプリを使っていますが、残量予測の精度などがイマイチなのです。

複数台同時にグラフ化してチェックしたいなどの希望があったし、私なりの残量計算をしたかったので、週末を利用して作成してみました。

Automagicのフロー

まずはバッテリーの残量を取得してサーバーへデータを送る処理を作ります。

Automagicにはバッテリーのレベルが変更されたというイベントが用意されているので、それを使いました。たとえば 95% → 94% とレベルが変わると発動します。

その時点でのバッテリーレベルを取得してサーバーへセットしてある PHPを呼びだし、値を渡します。

受け取るPHP

サーバー側のデータを受ける PHP と収集されたデータが上図です。

1% 刻みでデータが送られてくるので電池消費が激しいのでは?と思われそうですが、電力消費量は無視出来るレベルです。

データの整形

サーバーに蓄積されたデータを取得してグラフ化する部分は Windows でプログラムしました。今日、昨日と 2日分のデータでグラフ化しています。

自分が見たい(知りたい)ものだけを実装したので、この仕組みには満足しています。



  1. やすたろ~

    フル稼働させている端末が7台もあれば
    視覚的にバッテリーチェックできるものがほしいですよね~
    で、それを作っちゃうんだからすごいです♪

    1. delphian

      実は 9台だったりして(笑
      全体が見渡せるチェッカーはやっぱり便利です。
      無いものは作る。Do It Yourself ですね。