親指太郎見つからず

 
シロチドリ #1

20150614-1

そろそろシロチドリのヒナが見られるはずだと思い、探しに行きました。

昨年繁殖していた砂浜を何カ所か回りましたが、親指太郎(ヒナのこと)は発見できませんでしたね。それどころか、子育てをしている様子すらありませんでした。

シロチドリ #1

20150614-2

ヒナは親指ぐらいの大きさしかないし、砂浜に溶け込む見事な保護色なので、いても気づかない事の方が多いのです。

遠くからの目視は諦めて砂浜を歩いてみたのですが、偽傷行動をする親すらいませんでしたね。

※子育て中だとヒナから 30mぐらいのところを歩いても親鳥が偽傷行動をするので、近くにヒナがいる事がわかる

おっかしいなぁ~ 今が子育ての時期だと思うんだがなぁ~



  1. bluem

    おはようございます(^^
    んん~、親指太郎見れませんでしたか。
    今年は気候も変だし、地殻変動も激しいので、そういう所も影響してるんでしょうかね。
    ナマで見てみたい親指太郎です。

    1. delphian

      先ほど Lrで昨年の撮影日を確認したところ、5月の上旬に撮影していました。
      私の記憶違いで、今の時期だと勘違いしたようです。
      遅かった~~~

  2. iMovie

    こんにちは
    シロチドリのヒナ? 親指太郎?? 
    YouTube覗いてみました。
    あ~、なるほど ほんと可愛いですね。
    そろそろヒナがいそうですよね。
    bluemさんも書いてますが、今年は、地震多いし、天候もおかしいので、環境の変化が影響しているのかなぁ~

    1. delphian

      親指太郎の記事を是非ご覧下さい。激しく可愛いですよ!
      http://limiranger.com/chapter-1123

      で、見つからない理由が分かりました。今の時期だともう巣立っていますね(笑)

  3. jerry

    おはようございます。
    妙に早く梅雨明けしたりで微妙な気候の変化の為かもしれませんね。
    空振りは残念でしたが
    親指太郎が見たいので再チャレンジしてください(^_^)

    1. delphian

      どうやら 5月上旬ぐらいが子育て時期だったようです。
      でも 1~2ヶ月ぐらいの幅があるはずなので、もう少し探してみようかなぁ~
      全個体が一斉に子育てするというのは考えられませんからね。

  4. やすたろ~

    親指太郎の写真は楽しみにしております!

    シロチドリとは生態が違うのだとは思いますが、
    イカルチドリなどは、河原の石ころの中で育つので
    四駆自動車などの犠牲になることが多いそうですね。

    皆さんところで小出しにして報告していますが、
    今は退職して今は入院し治療に専念しています。
    なによりも癒しになるのが皆さんの写真です♪

    1. delphian

      ええええっ! 退職したんですか! 今知ってビックリしましたよ!
      そっか~ そうでしたか。
      かける言葉が見つからず気のきいたコメントはできませんが、治療に専念しつつトンボ博士を目指して下さい。

  5. teltel

    こんにちは。
    宮崎にもこんな鳥がいるんでしょうか???
    地元知り合いの人のブログ、コアジサシという鳥の抱卵の記事でした。

    1. delphian

      もちろん宮崎にもいますよ~ん
      パッと見ただけだと気付かないので、鳥を探すときは双眼鏡片手にジロジロです。
      コアジサシはこちらでもポピュラーなアジサシですね。