イソシギ危機一髪

 
忍び込んだニャン

20150605-1

自宅近にある湿地へニャンが忍び込んでおりました。

ここはシギチたちの越冬地で立ち入り禁止の保護区になっており、世界的にも貴重なクロツラヘラサギも来る場所です。以前はワンが忍び込んだのを見てクロツラたち大丈夫か?と思ったものですが、ニャンも結構忍び込んでいます。

イソシギ危機一髪

20150605-2

ニャンの存在を知らないイソシギさん。

この地形に助けられた様で、ニャンが襲いかかる事はありませんでした。でもジーーっと見続けていましたね。隙あらばという感じでしょうか(笑)



  1. bluem

    おはようございます(^^
    川の放流堰の所で昨年も一昨年もイソシギが越夏してたので、先日見に行ったら、今年も一羽だけですがイソシギ君が居ました。
    んで観察してたら会社の同僚もやって来て、200m程離れた場所でトンボを探してたんです。
    そしたらそこに出て来たのがイタチ。
    ネズミも数多く居て野良猫も多いのですが、イタチまで居るなんて感動しました。
    イソシギも岸辺をウロウロしてる子なので、気を付けて欲しいです(^^

    1. delphian

      イタチですか~ それは動物園の生きものです(笑)
      群れだと監視の目が増えるので危険を察知するのも容易でしょうけど、一羽でいるとやられる確率が高くなるでしょうね。

  2. jerry

    ニャン子って元気な鳥を捕獲する能力があるのかな?と思うんですが、捕まらないにしてもイソシギさんにとっては恐怖体験にはなるでしょうね。
    「犬猫も立ち入り禁止」の看板を立てなきゃいかんですね(笑)

    1. delphian

      日向ぼっことかしているニャンを見ていると、とても小鳥を捕まえる事など出来そうにないのですが、捕まえちゃうんですよね。
      この子たちも看板が読めればいいのに(笑)

  3. teltel

    獲物を狙ってるニャンの表情が真剣で怖いです。
    そう言えば、友達の家のペットの可愛いニャンが
    庭に飛んできたメジロを食べてしまった・・・
    という話しを聞いたことがあります。

    1. delphian

      ぶっはw メジロですか~~~
      なかなか地面に降りないのにどうやって捕まえたんだろ(笑)

  4. iMovie

    こんにちは
    最近のニャンは軟弱かと思いきや、やる気満々ですね。
    ま~、遊びの要素(狩りの本能)もあるのかも知れませんが、イソシギにとっては恐怖ですよね。
    無地でなによりですが、意外な天敵なのかも知れません。

    1. delphian

      このニャンはイソシギの動向をしっかり見ていましたね。
      チャンスが作れなかった様で、イソシギさんに飛ばれておりました(笑)