メアド38個

 
メアド38個

20150322-1

以前記事にした「メールの転送」のその後です。

会員登録用にメール受信専用のドメインを取得して運用中です。どこかの会員になる毎に新しいメアドを発行して会員登録をしているのですが、これがとても快適で便利なのであります。ということで、現時点でベストだと思っている私的方法を紹介してみますね。

現在のメアドはこんな感じ

20150322-2

プライベート用 1個
ビジネス用 2個  (取引先とのやりとり用と Webからの問い合わせ用)
会員登録用 33個 (これは増殖するメアドで、全て振り分け用へ転送される)

上記に加え、振り分け用で 2個作ってあります。ポイントサイトなどから来る保存不要のメールが転送されるものと、銀行や通販など、確認してから保存や削除するメールが転送されるものの 2系統です。

私の場合は上図のように複数のドメインで運用しているのですが、サブドメインを利用すれば 1個のドメインでも可能ですね。たとえば sample.com というドメインを持っている場合、
 private@sample.com, business@sample.com, member@sample.com
は通常のドメインへ作成。

会員登録用は mail.sample.com のようなサブドメインへ登録。
 rakuten@mail.sample.com, bank@mail.sample.com
などのサブドメイン付きで登録し、member@sample.com へ転送すればいいわけです。
整理しづらいという欠点はありますが、ドメインを増やさなくても可能な方法です。

会員登録用も全て sample.com へ作り、それぞれを
 private@sample.com, business@sample.com, member@sample.com
へ振り分ける手もありますが、ひじょ~~にわかりにくくなります(笑)

メールソフトはこんな感じ

20150322-3

メールソフトでは 5個のアカウントのみ対応すればよいので、管理もスッキリします。
メールソフトを使わず、全て Gmailへ転送し、Gmailのフィルターで管理するのも手ですね。

このような運用にすると会員登録でメアドが増えてもメールソフトの設定を変えずに済むので、とても便利ですよ。

このような運用の副産物として、受信を拒否したかったらサクッとメアドを削除するワザが使えます。更にはメアドが流出したらどこから漏れたのかがすぐにわかります(笑)



  1. bluem

    おはようございます(^^
    このメアド個別方式は、ホント便利ですよね。
    数えてみたら私は全部で24個使っておりました。
    ショッピングサイトの鬱陶しいメールも、Gmailのフィルターで処理してもらってまして、おかげ様で快適メール生活をおくっております(笑)

    1. delphian

      会員毎にメアドを作るのは面倒そうですが、むしろ管理が楽になりますよね。
      メアドの一覧を見ただけでどこの会員になっているかもわかるし。
      この方法、流行ってもいいなぁ~(笑)

  2. teltel

    おはようございます。
    なるほど。知識が多いと得することがいっぱいですね。
    このブログの説明も丁寧で、訪問者が多いのも納得です!

    花写真も、ピントが合うべきところにビシッとで背景超ソフト。
    これ、簡単なようで意外と難しいんですよね。

    1. delphian

      わかっていると便利な事が沢山ありますね。
      メアド 1個で全部受信すると大変なことになるので、こういう方法をおすすめしております。
      面倒そうですが、逆に便利なんですよ(笑)

      花は撮り方じゃなくて、仕上げかな。
      ふわりとした画でもピント面はキッチリとって感じ?

  3. jerry

    おはようございます。
    私も10個以上のメルアドを作成して会員登録用に使用しています。
    全て1つのメインアドレスに転送するようにしているんですが、
    不要になったら消せるというのが便利そうです。

    1. delphian

      いや、間違い無く便利です(笑)
      登録が多くなればなるほどメリットを感じまっせ~