鋼の包丁をメンテナンス

乾燥中 

研ぎ澄まして保管してある鋼の包丁。

パット見はサビは発生していないように見えますが、オイルを塗って拭ったところ、タオルペーパーにうっすらと赤い色が付きましたね。わずかにサビているようです。湿度が高い梅雨時期でもあるので、メンテナンスして保管し直すことにしました。

 1. クレンザーを使って軽くサビを落とす。
 2. しっかり乾燥させる
 3. 刃物用の椿オイルを塗る。

上記の処理を施したあと、1本ずつ新聞紙にくるんで保管し直しました。