病気になってはならない理由

 
この子たちがいるから 

一日ごはんが食べられないと死んでしまうかもしれな小鳥たち。

鳥は飛ぶために体を軽くする必要があり、体には必要最小限のエネルギーだけが蓄えられています。そのエネルギーを補給するため、短い間隔でごはんを食べます。

そんなわけで、私が事故や病気などで突然世話ができなくなると、この子たちはすぐに死んでしまうのです。

なので、事故に遭わない! 病気にならない! 気をつけて生きよう!



  1. やすたろ~

    そうだったんですね。
    必要最小限の食事で生きているんだ。
    そう、小鳥たちのためだけならで、私たちのためにも、病気になってはいけませんよ、アニキさん。

     たまたま、今日のこと買物帰りにツバメを見かけて、この子たちは長い長い海上の旅を続けて日本に来てくれたんだな~っと感慨深く思ったのが半日前のことでしたが、
    渡り鳥たちって、長い海上の旅の間、食事ってどうしているんでしょ?

    1. delphian

      その必要最小限が 1日で体重の 1/10程度のごはんと言うのですから、飛ぶというのは相当なエネルギーが必要なんですね。

      渡り鳥たちは 1日中飛びっぱなしではなく、例えば日本を通過して渡る鳥たちは列島沿いに南下(北上)します。
      島伝いに渡り、休憩とごはんを取りながら渡るんですよ。