ffmpegの引数

お写んぽ 

記事を公開したらすぐに ffmpeg の検索結果で訪れる方がいました。

CUIプログラムなので、どの様な引数が有り、どう使えばよいのかよく分からないと想像します。

スイッチの一部

引数は ffmpeg Documentation で説明されていますが、あまりにも豊富なスイッチがあるので、迷ってしまうでしょうね。つらつらと眺めていると様々な事が出来る高機能なツールと言うことが分かります。

たとえば上図にも出ている -t と -ss のスイッチ。
-t 00:01:30 と書くと、変換開始から 1分30秒のみ切り出して変換してくれます。

-ss 00:00:30 と書くと前半30秒をスキップし、30秒から変換してくれます。

もちろん組み合わせる事もできるので、-ss 00:00:30 -t 00:01:00 と記述すると、前半30秒をスキップし、1分間変換します。

-b:v 1000k とするとビデオ部分は 1000kbps。-b:a 128k とすると音声部分は 128kbps となります。

他にもアスペクト比の変更やサイズ変更もできるし、字幕の挿入や画面の一部切り出しも可能。

引数を極めると動画編集が自由自在にできますので、興味がある方は前述のリンクを熟読してみて下さいな。