SQLite版 WP 4.2.2ja

 

SQLite版には以下の変更を加えてあります
プラグインの組み込みと削除
■SQLite Integration を組み込んであります。このプラグインは MySQLへの SQL操作を SQLiteへ変換して実行してくれるミドルウェア的なプラグインです。インストール後に有効化して下さい。
■wp-jquery-lightbox を組み込んであります。画像の拡大表示に視覚効果を加えるプラグインです。
■Hello Dolly を有効化する人はいないと思われるため、削除しました。

テーマの組み込みと削除
標準のテーマは最新の Twenty Fifteen を残して全て削除しました。
代わりに一般的なサイト構成のテーマ Catch Box を追加してあります。

認証用ユニークキーの自動生成
SQLite版では [認証用ユニークキー] が自動生成されないため、install.php の実行時に wrodpress.org の秘密鍵サービスへアクセスしてキーを取得し、wp-config.php へ組み込むようにしてあります。

phpLiteAdminの同梱
/db へインストールされますので、http://サイト名/db とタイプしてアクセスして下さい。初期パスワードは 1234 です。パスワードは /db ディレクトリにある index-config.php へ記述されていますので、適宜変更して下さい。

-->
イシガケチョウ

20150509-1

昨年秘密基地で紹介した WordPress の SQLite版の事。

なかなか好評なので、最新の 4.2.2ja で作り替え、DB操作が可能な phpLiteAdmin を同梱しました。これで MySQL版(一般的なWP)と遜色無い運用環境が出来上がります。

SQLite版は MySQLを使わないので、運用がメチャ気軽なのです。さくっと作成し、用が無くなったらコマンド一発、1秒でアンインストール。テスト環境を作成するのに最適ですね。もちろん本格運用も可能です。

少ないリソースで軽く動く SQLiteですが、実運用に耐える速度と堅牢さを持っているので、ビジター 1000人/日 程度の小規模サイトなら全く問題無いと思います。SQLiteのサイトには「1日10万ヒットからその10倍くらいのサイトでも大丈夫」と書いてあるようですよ。

WordPress 4.2.2ja SQLite with phpLiteAdmin

20150509-2

まずは wp-sqlite.zip をダウンロードします。ダウンロードしたら wp-sqlite フォルダを取りだし、そのフォルダにあるinst.phpinst-wp.zipを FTPソフトでアップロードして下さい。
(inst-wp.zipを解凍する必要はありません)

アップロード後にブラウザからhttp://インストール先ドメイン/inst.phpへアクセスして下さい。ファイルの配置が一瞬で終了し、WPサイトの初期画面が表示されますので、画面の指示通りにインストールを完了して下さい。

phpLiteAdmin と uninst.php

20150509-3

インストールが完了すると、通常の WordPress 環境には無いdb ディレクトリuninst.phpが出現します。

http://インストール先ドメイン/dbへアクセスすると phpLiteAdmin が起動し、DB操作が可能になります。

http://インストール先ドメイン/uninst.phpへアクセスすると、インストールした WPが綺麗サッパリ無くなりますので、通常運用する方はuninst.phpを削除して下さい。

phpLiteAdmin

20150509-4

おまけで phpLiteAdmin を使って WordPress の設定を一括変更する方法を書いておきます。

WPをインストールすると必ずやる手順がありますよね。たとえばサンプルの投稿やコメントを削除するとか、日付の形式を変更したり、メディアのサイズを変更したり。毎回同じ値にするので、これらは一括で変更できる様にしておくとメチャ楽になります。

具体的には、ドメイン名/db で phpLiteAdminへアクセスし、SQL欄へ以下の SQLをコピペしてGoをクリックするだけで変更できます。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
DELETE FROM 'wp_comments';
DELETE FROM 'wp_posts';
DELETE FROM 'wp_postmeta';
UPDATE wp_options SET option_value = '0' WHERE option_name = 'start_of_week';
UPDATE wp_options SET option_value = 'closed' WHERE option_name = 'default_comment_status';
UPDATE wp_options SET option_value = 'closed' WHERE option_name = 'default_ping_status';
UPDATE wp_options SET option_value = 'Y/m/d' WHERE option_name = 'date_format';
UPDATE wp_options SET option_value = 'H:i' WHERE option_name = 'time_format';
UPDATE wp_options SET option_value = '/post-%post_id%' WHERE option_name = 'permalink_structure';
UPDATE wp_options SET option_value = 'catch-box' WHERE option_name = 'template';
UPDATE wp_options SET option_value = 'catch-box' WHERE option_name = 'stylesheet';
UPDATE wp_options SET option_value = '0' WHERE option_name = 'use_trackback';
UPDATE wp_options SET option_value = '0' WHERE option_name = 'thumbnail_size_w';
UPDATE wp_options SET option_value = '0' WHERE option_name = 'thumbnail_size_h';
UPDATE wp_options SET option_value = '600' WHERE option_name = 'medium_size_w';
UPDATE wp_options SET option_value = '600' WHERE option_name = 'medium_size_h';
UPDATE wp_options SET option_value = '0' WHERE option_name = 'large_size_w';
UPDATE wp_options SET option_value = '0' WHERE option_name = 'large_size_h';
UPDATE wp_options SET option_value = 'Asia/Tokyo' WHERE option_name = 'timezone_string';
UPDATE wp_options SET option_value = 'ja' WHERE option_name = 'WPLANG';

上記の一例ですが、テーマは Catch-box で曜日の開始は日曜日。メディアの中サイズは 600×600、大サイズは 0x0 に設定しています。
これらの設定は wp_options へ記録されますので、設定を変えては wp_options をチェックします。すると、どこをどう変えればいいのかがわかりますので、必要なだけ上記の SQLを作っておく感じでしょうかね。

SQLite版には以下の変更を加えてあります
プラグインの組み込みと削除
■SQLite Integration を組み込んであります。このプラグインは MySQLへの SQL操作を SQLiteへ変換して実行してくれるミドルウェア的なプラグインです。インストール後に有効化して下さい。
■wp-jquery-lightbox を組み込んであります。画像の拡大表示に視覚効果を加えるプラグインです。
■Hello Dolly を有効化する人はいないと思われるため、削除しました。

テーマの組み込みと削除
標準のテーマは最新の Twenty Fifteen を残して全て削除しました。
代わりに一般的なサイト構成のテーマ Catch Box を追加してあります。

認証用ユニークキーの自動生成
SQLite版では [認証用ユニークキー] が自動生成されないため、install.php の実行時に wrodpress.org の秘密鍵サービスへアクセスしてキーを取得し、wp-config.php へ組み込むようにしてあります。

phpLiteAdminの同梱
/db へインストールされますので、http://サイト名/db とタイプしてアクセスして下さい。初期パスワードは 1234 です。パスワードは /db ディレクトリにある index-config.php へ記述されていますので、適宜変更して下さい。



  1. bluem

    おはようございます(^^
    これはまた素晴らしい記事ですね!
    後で時間ある時に読み返しながら、試してみようと思います。
    んでteltelさん家と秘密基地のこのテーマいいですね♪
    私もこれに変えようかなと思い始めております。

    1. delphian

      デザインやら何やら、テスト環境用にピッタリの WPパッケージです(笑)
      Jerryさんや reotaさんがよく使ってますよ。
      テーマ変更は楽しいですね。いいのが見つかったと思っても使ってみるとカスタマイズし難かったりするし。世界中に沢山のテーマがありますので、発掘してみて下さいな。

  2. teltel

    おはようございます。
    少~しずつですが、できることが増えてきて
    嬉しくなっている今日この頃です。

    bさん、このテーマいいでしょ。
    同じテーマでも、全く別物のように仕上がったりして・・・
    もうビックリです(@@;

    1. delphian

      わかってくると楽しくなってくるのがワードプレスです(笑)
      teltelさんが思っている以上に自由なブログ環境ですよ。
      沢山楽しんで下さいな。

  3. iMovie

    こんにちは
    これは、素敵な記事ですね。
    もう一度、じっくり読んでから、色々試してみたいと思います。
    皆さんのテーマ変わりそうな・・・ (笑)

    1. delphian

      SQLite版 WPはとても便利です。テスト環境はもちろん、本番で使っても全く問題ないです。今のところ(笑)
      テーマは時々変えたくなるのですが、カスタマイズを考えると気合いが入っている時じゃないと変更できないですね。でも変えるとかな~りリフレッシュできるので、何か刺激が欲しい時には最高のおもちゃです(笑)

  4. やすたろ~

    こんにちは~
    まず、記事内容ではなく、扉の写真。
    マクロ写真かと思いきや!!
    あいかわらず巣晴らし~ですね~

    こんなサイト見つけました
    http://www.omohidephoto.com/pentax-blog/

    1. delphian

      SP500はもう手足のように動いてくれます(笑)
      リンク先の記事は以前見つけて読んでおりました。
      読んでいて気持ち良くなる嬉しい記事でした(笑)

  5. reota

    SQLiteとこのインストールパッケージは最高っすね。テスト環境、主にテーマの入れ替えやテストをしているとインポートしてしまったものを含め、一回リセットしてやり直したいと思うことがよくあります。それがこのパッケージはアンインストールが一瞬で終了、再インストールも直ぐに終わります。本家は、こう簡単に行きませんよね(笑)

    1. delphian

      テーマのテストや修正をする時に重宝するのがこのパッケージですね。
      インストールとアンインストールがサクッとできるので、しょっちゅう環境を作り直していますよ(笑)

  6. jerry

    こんにちは
    先日はSQlite版WPのインストールのお手伝いをいただき、ありがとうございました。
    非常に便利だと思いますのでどしどし活用させていただきます。
    ガラケーのメンバー数名からは悲鳴が聞こえてきそうですが(笑)

    1. delphian

      Jerryさんと reotaさんはガンガン使っていますね。
      お手軽お気軽なので、もっともっと活用して下さい(笑)