キキのツクツクさん

 
キキ #1 

いまだにキキのヒナ換羽が続いています。

1月の初旬ごろから始まったので、ようやく1ヶ月というところ。棒状に伸びている羽毛の鞘が痛々しいです。そこを撫でると嫌がる事もあるので、やはり不快なんでしょうね。


長いのが抜けた

 
風切りと尾羽かな 

絶賛換羽中のキキさん。

昨日ケージをチェックしたら、いよいよ大物が抜けておりました。形状と長さからして風切りと尾羽だと思います。1日で一気にこれだけ抜けて飛ぶのに支障はないのだろうか。


ハクはいまだにツクツクさん

 
目の周りもツクツクさん 

そろそろ換羽も終盤だと思っていたハクさん。

ちゃんとチェックしてみると前よりもツクツクさんになっていました。なんだか痛々しいのですが、当人はいたって元気です。


キキの葛藤

 
長男キキ 

ケージから出すとなかなか帰ってくれないキキさん。

1時間放鳥したらケージに帰ってもらわないと困るのですが、キキをケージに戻すのはとても大変。戻す時にはスキをみてとっつかまえ、無理矢理ケージに戻していました。よい方法では無いのですが、これしか方法が無かったのです。これが災いして私の手を怖がるようになり、挙げ句の果てには寄りつかなくなってしまいました。

これじゃいかん!と言う事で、自主的に戻る手は無いかと思い、放鳥30分ぐらい前にケージからえさ箱を取りだして腹ぺこ作戦をする事に。

30分エサ無しと 1時間放鳥する事でそこそこお腹が空くようです。お腹が空いた頃を見計らってケージのところへ連れて行くと何とか自分で戻る様になりました。そして無理矢理掴む事を止めたので、私の手や肩で遊ぶようになりましたよ。


奇跡の出来事

 
セキセイインコのハク 

ベタ懐きしていて、目の中に入れても痛くないほど可愛いハクさん。

1月3日の朝、いつも通りケージから出して体重を量り、放鳥していました。私の手や肩で遊ぶのですが、時々高い所へ飛んでいき、まったりと過ごした後また私に戻って来る。いつもそんな感じです。

その日も私から離れてブラインドの上へ留まり、羽繕いなどをしていました。居所を確認して別の事に集中していたのですが、数十分経っても戻って来ないので、居たはずの場所を見るとハクが消えております。

どこか別の場所に留まったのかと探しましたがどこにもいません。狭い所に入って出て来られなくなったら鳴くはずですが、それも聞こえません。ええ?どこ行ったんだ?

実は換気の為にドアを少しだけ開けてあるのです。ハクが通れない程度の隙間にしたつもりですが、そこから外に出た様なのです。キララに続きハクまで逃がしてしまいました。

その日は事務所から半径200m圏内をくまなく歩いて探しましたが全然見つかりません。落胆したまま夕方になりました。翌日は近隣のスーパーへお願いして、尋ね鳥の貼り紙を貼って貰うつもりでした。

ところが! 奇跡は起きたのです!


ヒナ換羽

 
10日前のハク 

20161206-1

どうやらハクにヒナ換羽が訪れたらしい。

ヒナ換羽は幼羽から大人の羽毛へ切り替わる、一生に一度のイベント。生後 2ヶ月ぐらいなので、そろそろかなとは思っていました。

扉の写真は 10日前に撮影したものです。この画をふまえて次の画をどうぞ。